AGAを放置した場合のリスクについて

男性の頭頂部の髪の毛が薄くなってくるような症状や前髪の生え際が後退してくるような症状をAGA男性型脱毛症といいます。
これは男性によくみられる薄毛の症状であり思春期以降の成人男性によく見られる症状であり、何故このような症状になるのかはいくつか原因が考えられていますが、様々な要素が複雑に関係しています。

AGAになった場合に考えなければならないことは放置しないということです。
男性型脱毛症は進行形の症状であるため、放置して治ることはないということなのです。
早めに気づいて治療を行うことが進行を防ぐために必要なのですが、その変化に早く気づかなければなりません。
その症状はまず髪の毛もボリューム感がなくなってきます。ヘアスタイルが変わってきたり、これまでできていたヘアスタイルができなくなったりするのです。

これは髪の毛にはヘアサイクルというものがあります。
髪は頭皮の中にある毛根から髪の毛は生えてきているのですが、2年から6年程度かけて髪の毛は生え変わります。
髪は自然と伸びてきますが一定期間かけて成長をしているのです。
この期間を成長期といいますが、成長期が長ければそれだけしっかりとした髪の毛が生えてくるということになります。
髪の毛はいつまでも伸びるわけではなく、やがて成長が衰えてくる後退期を迎えます。
後退期のあと完全に成長が止まってしまい休止期となり、やがて毛根から新しい髪の毛が生えてくることで抜けて新しい髪の毛となるのです。

しかしAGAになるとこのヘアサイクルが乱れてしまい髪の毛の成長期も短くなってしまうなど、細く弱い髪の毛となり、髪の毛のボリューム感もなくなってしまいます。
結果的に抜けやすい髪質となり、髪の毛も薄くなってしまうのです。
AGAはこのようにヘアサイクルが乱れてしまい、髪の毛のボリューム感がなくなってきますので、そのタイミングで早めに治療を行うことが大切です。
早期治療することでヘアサイクルを元に戻すことは可能なのです。

毛母細胞が死滅する前に治療をしましょう

AGAの原因は遺伝や男性ホルモン、生活環境の変化など様々な要因が影響していますが、これらいくつかの要因が重なってしまうことでヘアサイクルの乱れが起こってしまいます。
ヘアサイクルの乱れをこのまま放置してしまうと薄毛になるリスクがとても高くなります。
髪の毛にはヘアサイクルがあり、薄毛のリスクを抑えるためには早期治療が必要であり、ヘアサイクルが乱れても初期の段階ならまだ毛母細胞が生きています。
この段階で再生を行うことができれば薄毛も改善することができるのです。

毛母細胞は毛根の中にあり、髪の毛を形成する細胞です。
この細胞が機能しなくなってしまうと新しい髪の毛は生えてこなくなってしまいます。
毛母細胞は細胞分裂を繰り返しますが、その回数にも限度があり寿命もあります。
毛母細胞の細胞分裂は40回から50回と言われており、年数にすると80年から100年となります。

髪の毛のヘアサイクルが正常であれば2年から6年かけて髪の毛が成長して細胞分裂を繰り返すとして計算をした場合です。
しかしAGAになるとヘアサイクルが乱れてしまい、その期間が極端に短くなってしまうのです。
結果的に毛母細胞の細胞分裂の回数も多くなってしまい寿命がきてしまうということになります。
毛母細胞が機能しなくなってしまうといくら治療を行っても再生する見込みはなくなってしまいます。

AGAになる原因として遺伝や男性ホルモン、生活環境の変化が影響しているのですが、まず髪の毛の変化に気づくことです。
それは髪のボリューム感がなくなってくるといったことや、抜け毛が多くなってきたといったことです。
そして早期治療を行うことが必要なので専門医などに相談することが大切です。